外国人雇用をお考えの企業様

外国人技能実習制度とは

発展途上国の若者を日本の企業が受け入れる際に適用される公的制度です。実務を通じて技術や技能を習得、あるいは知識を学んでもらい、帰国後に母国の経済発展に寄与してもらうことを目的としています。
日本の企業が技能実習生を受け入れる場合、組合等の監理団体を通す必要があります。セルフ・グロウは、以下の協同組合を通じて、海外の若者を受け入れています。

ローカルパートナーズ協同組合

http://lpc-nag.org/